キンミヤのシャリは夜ひらく やまと屋 町田

日本コカ・コーラ社からシャリキンパウチならぬシャリコーラパウチ「コカ・コーラ フローズン レモン」、そしてシャリファンタパウチ、「ファンタフローズン オレンジ」、ファンタフローズン グレープ」を発売するというニュースが全世界を駆け巡りましたね。炭酸は入っていないようです。

しかし、USAではすでにこんなマシーンがありました。コカ・コーラ専用フローズンマシーン。炭酸入り、氷を投入してガシガシ強引に作るシャリマシンです。
コカ・コーラ フローズン・スムージーマシン USA限定 [並行輸入品]
アメリカはシャリシャリ先進国でもあったのですね。フローズンでシャリシャリを覚えて、大きくなったらシャリキンを飲むというシャリ文化、millennial世代の次はshari世代と言われるshariグローバル時代が来る予感です。

そんな週末に向かうはやまと屋さん。金曜日の夜7時という1番ホットな時間帯にお邪魔します。

本日は3名での入店、先に友人2名が席取り、無事にテーブル席に着席できました。やまと屋で”席取り”と一言で言っても、その責任の重さは重大です、そのプレッシャーと緊張で日中勤務時間中に気分が悪くなったりお腹が緩くなって保健室に駆け込むサラリーマンもいると聞きます。

さて、今宵は他店でなかなか呑むことのできない美味しいホッピー三冷でスタート。

綺麗に泡がたつように、勢いよく注ぎます。グラスもキンミヤ焼酎もホッピーもキンキンに冷えてて最高の一杯ができあがり。皆で乾杯です。

満足ですねえ、この瞬間のために日々働いているようなもんです。今夜はなかなかやまと屋さんに来ることができない1名が食べたいものを中心にチョイスします。

今夜、1番人気の高かった玉ねぎの醤油漬け、白板のメニューからの一品。見た目シンプルですが、新玉ねぎ独特のみずみずしさと、甘み、シャキシャキな食感とサッパリとした味付けたまりません。このあと、もう一皿お代わりしました。

レンコンのきんぴら、シャキシャキ甘くて優しい味ホッとします。

やわらかいか炙り、むちむちのイカの食感、偉大なるマヨネーズとの相性もぴったりです。三冷ホッピーにぴったり合う一品料理の数々でお酒がすすみます。

焼き物も登場、人気の高いトリモモ。相変わらずのジューシーさです。

ニンニクとごま油で食べるレバー、トロトロの焼き加減。いつ食べても感動します、美味しいですねえ。

かしらあぶらとチレが到着。あぶらっておっさんを魅了しますよね。チレもムニムニでたまりません。あぶら優勢の焼き物がテーブルに並んだので、サッパリと迎え撃つためにシャリ酎ハイレモンをオーダー。

おっさんを酔わせて喜ばせるだけでなく、料理の邪魔もせず、あぶらを洗い流して次の一口を美味しくしてくれるという機能的なシャリキン です。

美味しい料理とお酒で気分も盛り上がり、テーブルではおっさん同士のじゃれ合いがヒートアップ。無駄な知識が次々と披露されます。

“女握り”親指を人差し指と中指の間に差し込み握ったあのポーズ、”めにぎり”と言うそうです。女性器、性行為を表したもので、ブラジルでは意味が異なりfigaフィガと呼ばれてラッキー、幸福を表す印。トルコではほぼ同じ意味と、世界的なポーズ。

 

 

 

女性器と言えばと、中学生の頃流行った手遊びが披露されます。まず、二人向き合います。お手てのしわとしわを合わせて、中指と薬指の間を開きます。Vの字。スポック博士の挨拶です。この状態のまま、向かい合った相手のV字と自分のV字の凹を合わせるように組み合わせます。十字に交差し、指が松葉崩し状態。この状態から、上下に手のひらを合わせている人が、そっと手のひらを離して、その空間を覗き込むと、あら不思議、秘密の花園が見えます。

中学生の頃は、嬉しくて、学校行って友達と毎日作って見てましたがピクリともきませんでしたね。当たり前ですが、そもそも見たこともないから何がやらしいのか全くわかりません。

酸いも、甘いも知ったおっさんの手で作ってみましたが。相変わらずピクリともきませんね。同じ地域で中学時代を過ごしたにも関わらず、知らない友人がいたのにびっくりです。大将も花園を知らずに大人になったようです。僕はこの手遊びのおかげで心の準備ができたおかげで男になる時スムーズでした。

最近の大好物、アスパラ肉巻き。

大将に手遊びを教えてあげたお礼でカブの葉の煮浸し。品のいい味付けとシャクシャクな歯ごたえでとても美味しかったです。いつもありがとうごさいます。

豪華手羽先、かぶりつきます。皮がパリパリに焼けて中はジューシー。

本日のシメのドリンク、シャリキン トマトサワー。今夜一番人気、ブームになりつつあります。

赤く咲くのはケシの花、白く咲くのはシャリの花♬藤圭子を歌いながらかき混ぜます。ニンニクと胡椒入れたらガスパチョですなあ。

今夜の最後の締めは餅肉巻きではなく、つくねタレです。あえて今宵はタレでオーダーしました。

タレがしみてて美味しいですねえ、新しい発見、シメの焼き物がまた一つ増えました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、滞在時間2時間でお会計。お店は相変わらず満員御礼。焼き物の味はいつもお任せでしたが、変化させると新しい発見があって楽しいですね。

ごちそうさまでした!

お店の場所はこちらです!!

そしてこの後は恒例のチャーン&ラーメン食べにアルニラムさん。相変わらずチャーハンおいしかったです。

 

関連記事

キンミヤピリピリ辛チューハイが刺激的、ハイソな世田谷区でシャリキンを楽しむ やき...

自家製 生バイスサワーいただきました  やまと屋 町田

金宮コーヒー焼酎で祝杯、豆乳入りはドヤ顔付き 町田 やまと屋

お一人様歓迎 本格焼酎とホイスでアチチなもつ焼きを楽しむ  やまと屋 町田

餅肉巻きと酎ハイレモンシャリキンの相性が抜群!  やまと屋 町田

 秋の夜長はキンミヤ焼酎しばりで美味い肉脂祭り やきとん 焔屋 ほむらや さがみ...