町田夜ご飯 手料理の沖縄家庭料理 かなさんどー

勤務地が横浜に移り、地元町田で夜ご飯を求めてさまよっております。環境の変化で風邪をひいてしまいました。早く回復したいので、できれば野菜と、何か温かいものが食べたい。

そんな感じで鼻水垂らしながら駅から歩いてきた帰り道。キョロキョロしますがピンとくるものが無くてとうとうラストチャンスのかなさんどー。体によさげな温かい雰囲気の看板メニューが風邪っぴきの弱った体を誘います。

汁系もあり、メニューも豊富なので入店することにしました。階段を下りていくと素敵なテラス席。

この日のお客様は私一人、カウンターに座ります。食事だけっていうのも寂しいので生ビールをオーダー。オリオン生ビール。

メニューを見て悩みます。何が体に良さそうかなあ。青パパイヤ海鮮サラダはこの日は無しとの事なので、シャキシャキサラダをオーダー。

しばらくしてお通しが到着。ステキなお通しです、どれもこれも美味しいです。手作りの味ですね。

シャキシャキサラダはミミガーとゴボウのサラダ、ちょいマヨ味ですね。食感楽しめるサラダでお酒がすすみます。

温かい汁物として、中身汁。これに惹かれて入りました。モツが入っていて、生姜風味で風邪には良さそうです。

カウンター越しにアルバイトのお姉さんが色々話しかけてくれます。接客良いですね。一人しかいないのでほぼガールズバー状態。

全て女将さんの手料理、五十人ほどのキャパでコンサートなんかも開催されているそうです。

お姉さんの接客も良く、可愛いので調子に乗って、泡盛をオーダー。

腹八分目だったので、シメに合わせてソーミンチャンプルーもオーダー。

そうめんの炒め物ですね、優しい味で美味しいです。風邪には唐辛子が良かろうという事で島とうがらしも投入します。

しばらくすると、奥から元気のいい割烹着着た女将さんが「お口に会いますかー。」とニッコリ登場。

とても気さくな方で、いつのまにかカウンターに座り、初対面なのにドキュメント女ののど自慢的な色々とお話ししてくれます。私はすっかり夏木ゆたか。

始まりは、美味しい沖縄料理が食べれない不満から自ら店を開くことを決心。現在のいちばんいちばんの店舗で開店。その後、事業広げ、男と女の辛酸ありでいまに至る。お世話付きで、仲人的にカップルを成立させたりして、下は20代から上は52歳までお世話したことがあるそうです。ご興味のある方は相談するといいですよ。

ちなみに私、おかみさんに良い男だと言われておだてられて気分良いのでまた空いてそうな時に伺います。

金曜日の夜だけは、夜中にバー営業で朝方までお酒が楽しめるそうです。この時間帯はおかみさん不在、料理も提供無しとの事です。

飲み屋さんなので単価は高めで定食化は難しいですが、ハレの日におだてられにきます。

ごちそうさまでした。

波平も今宵はフネとしっぽりシャリキン

関連記事

町田夜ご飯 フランスパンとクイティオとタピオカと私 アンコールトム

町田放浪記 ネパール蒸し餃子モモとカレー、優しい味のネパール家庭料理店  Soa...

高尾山で八王子ラーメン びんびん 敏々亭

三日五回炙りの鶏皮焼きと日本酒のお店 横浜駅西口 炭火やきとり伝兵衛 南店

ホッピーのナカがおかしなことになっています 串いち 幕張本郷店

人形町・水天宮前 まつむら 大正10年創業、老舗サンドウィッチパーラーのハイカラ...