地元ローカル御用達のとんかつ屋 山本とんかつ 部原

午前中、鵜原で入り物足りなさもあり、午後は部原狙いで移動して参りました。

ちょうどお昼時間なので部原近くでお昼休みです。

寒い日だったのでラーメンでもよかったのですが、お初のお店に行ってみようということでとんかつ屋をチョイス。海辺のとんかつ屋です。

時間は12時前。

駐車場には車はほとんど停まっていません。がら空きなのかなあ?ちょっと不安になりながら入りますと、満員御礼。

明らかにサーファーではない、地元のご家族がたくさんつどっております。

カウンター、席もいっぱいでこりゃだめかと思いきや、こちらに座ってとおかみさんに即されて座ったテーブルがこちらです。

ありがたい。好きに食べていいわよって言ってくれるのかと思いますが、そんなにうまい話もなく。

メニューはこんな感じでかなり貧富の差が激しいメニュー。残念ながら孤立した席なので地元の人が何を頼んでいるのか見えません。

生姜焼きとカツカレーで悩みます。が、ここは無難にとんかつ定食。

店内はそんなに広くはないので和気あいあいな感じです。家で昼ごはん食べてる景色を切り取って持ってきたような感じです。なんて眺めてますとカウンターが空きました。なかなか味のある座敷でしたがカウンターへ移動します。

大将が黙々とあげる油の手入れをしています。

お味噌汁は細切れ玉ねぎと脂が入ってます。玉ねぎってところが房総ですね。

ポテトサラダもユニーク。そこそこの厚みで食べ応えあります。夜までお腹空かなかったので、かなり腹持ち良い印象です。油か?

結局、午後は部原で入らず大原で入りました。ごちそうさまでした。

関連記事

嵐の前の冷やし中華とミックスフライ  女良食堂 いすみ市

世界はおとうとのために ハードコアな釣師海岸への道しるべ 小池食堂 いすみ市

朝10時、法定調理師の作る本格定食でモーニング 雷鳥峠のめしや 東金市

いすみ市 女良食堂 威勢が良い店内で美味しいしょうが焼き定食と豚汁

南房総市 田舎の一軒家定食を満喫 魚作

片貝魚港近くにあって、気合い十分な定食屋 味の広瀬や 九十九里